越境犯罪の研究ブログ

国際法,国際刑事法,越境刑法, 海洋法関連のニュースをクリップしていくサイトです。

ルクセンブルク、EUで初めて宇宙資源開発法を制定

先日7月13日に、ルクセンブルク議会が宇宙資源開発法案採択。8月1日に発効の予定だそうです。すでにアメリカが2015年に商業宇宙打ち上げ競争力強化法を制定していますが、それと同様、宇宙資源に対する所有権の取得を認める内容になっています(1条)。

www.spaceresources.public.lu

business.nikkeibp.co.jp

 

関連して,ライデン大学主催のSymposium on Legal Aspects of Space Resource Utilisation - Leiden University(2016年4月)では米国法への各国の反応がスライドではありますが紹介されています。この会議にも出ている,Mason-Zwaan氏の論文も近年の動向を知る上で参考になります。

www.qil-qdi.org

 

 

インドネシアも中国と舌戦 「南シナ海」の一部呼称変更

www.nikkei.com

www.cnn.co.jp

背景にはインドネシアEEZ内でインドネシア沿岸警備隊が、中国漁船を捉えては中国海警からハラスメントを受けているという事情があります。Lowy Instituteの記事と地図が参考になります。

https://www.lowyinstitute.org/sites/default/files/indonesian-interests-in-the-south-china-sea.jpg

 

インド、海でも中国警戒

インドが海でも中国を警戒しているという同じく日経の記事。マラバール演習の関連記事こちら。

thediplomat.com

www.livemint.com

 

中印、「一帯一路」巡り摩擦

中印がドクラム高原(Doklam Plateau)で対峙しているという日経の記事。7月11日のCNNの記事はこちら。

edition.cnn.com

中国政府の6月29日のプレスリリース。

eng.mod.gov.cn

Question: There have been allegations by both the PLA and Indian military about incidents at the Sikkim sector of the India-China border in which China has alleged that Indian border troops crossed the border to prevent the construction of a road. Both sides have been holding talks on the issue at both the foreign ministry level and the defense ministry level. Do you have any comments on the progress of the talks? Bhutan has alleged that China actually violated its territory to build a road at the Doklam sector of the Sikkim region. The Indian military has also alleged that the PLA forces entered what was specified to be Indian side and destroyed some bunkers by using bulldozers. I would like to have your comments on these issues.

Answer: The Indian border defense personnel crossed the boundary at the Sikkim sector of the China-India border and entered the Chinese territory. They tried to stop the normal activity of the Chinese border defense troops in the Doklam region. The Chinese frontier defense troops have taken proportionate measures in response to firmly safeguard China’s national sovereignty and territorial integrity.

When it comes to the second question, I have to correct you on the place where the incident took place. It is within the territory of China. We have made it clear to the Indian side that they should correct their mistakes and withdraw all the Indian personnel from the Chinese territory.

Question: Indian media reported on June 8th that Indian Army Chief Bipin Rawat said that India is prepared for a “two and a half front war” against China, Pakistan and its internal security threats . What is your comment?

Answer: Such remarks from the Indian Army Chief are extremely irresponsible. We hope that particular individual in the Indian Army could learn lessons from the past and stop such dangerous clamor for war.

 翌日6月30日のインド政府のプレスリリース。

www.mea.gov.in

i.On 16 June, a PLA construction party entered the Doklam area and attempted to construct a road. It is our understanding that a Royal Bhutan Army patrol attempted to dissuade them from this unilateral activity. The Ambassador of the Royal Government of Bhutan (RGOB) has publicly stated that it lodged a protest with the Chinese Government through their Embassy in New Delhi on 20 June.

ii.Yesterday, the Foreign Ministry of Bhutan has also issued a statement underlining that the construction of the road inside Bhutanese territory is a direct violation of the 1988 and 1998 agreements between Bhutan and China and affects the process of demarcating the boundary between these two countries. They have urged a return to the status quo as before 16 June 2017.

米、中国の貿易会社訴追へ

www.yomiuri.co.jp

関係筋によると、司法省が刑事訴追する方針を固めたのは、貿易会社「明正国際貿易有限公司」と同社関係者ら。司法省は6月中旬、明正がマネーロンダリングに関与したとして、北朝鮮関連の没収額としては過去最大規模となる約190万ドル(約2億1100万円)の没収を求め、連邦地裁に提訴している。

 司法省によると、明正は、米財務省が制裁対象としている北朝鮮の貿易決済銀行「朝鮮貿易銀行」のダミー会社。明正は、2015年に中国の銀行にある口座を使って190万ドルを同銀行に不正送金した疑いが持たれている。訴追で中国側に圧力をかける効果がある。

 

 

EU、北朝鮮への追加制裁検討で合意

www.afpbb.com

www.nikkei.com

 

米政府 イランなどの企業や個人に追加制裁と発表

www.nikkei.com

国務省のプレスリリースはこちら。

今回の追加制裁は核合意による制裁解除とは別の枠組みとなり,合意の枠外のミサイル開発,シリア支援を根拠とした制裁になります。米国は核開発合意については遵守を認定しています。イラン政府は2015年合意を遵守していることをもって今回の経済制裁国際法違反であると主張しているとの由。同様の追加制裁は2016年1月から続いております。

 

FRB, BNPパリバに罰金

不正取引につき,FRBBNPパリバ米子会社への罰金2億4600万ドル。同社の元トレーダーJason Katz氏が2007年に同業他社と連絡を取り合って情報共有し,相場操作に参画したところ,氏は今年の1月に反トラスト法違反行為を認めて取引参加も禁止されていたとのこと。

www.nikkei.com

www.federalreserve.gov

ちなみにBNPパリバ,2014年6月には資金洗浄の疑いで制裁をかけられており(罰金5億800万ドル),2015年5月には経済制裁法違反の疑いで制裁をかけられております(89億ドル)。

www.federalreserve.gov

www.reuters.com

米,中国に鉄鋼で圧力も

www.nikkei.com

北朝鮮は論点の一つですが,それがなくても米国は厳しい姿勢を取らざるを得ないわけです。

www.nytimes.com

thediplomat.com

南シナ海仲裁判決から1年

先日7月12日,南シナ海仲裁判決「記念日」でしたが,ドゥテルテの「棚上げ」により軍事拠点化が着々と進んでいることが報道されています。米国のみならず,ベトナム,マレーシア,インドネシア,域外ですがインドの動きも引き続き要フォローです。

www.nikkei.com

ベトナムについてはこちら。

oilprice.com

The drillship, Deepsea Metro I, on contract to Talisman-Vietnam, a unit of Talisman Energy—which Spanish Repsol bought back in 2015—is drilling about 250 miles from the Vietnamese coast.

The move is a bold one, because the block where Deepsea Metro I is drilling—called Block 136-03 by Vietnam and Wan-an Bei 21 by China—has already been leased to a company by Beijing – Hong Kong-based Brightoil, which has close ties to the Chinese government. Over the last three years, Hanoi denied Talisman-Vietnam a license to drill in the block in a bid to avoid antagonizing China, but it seems things have since changed.

関連して,CSISSouth China Sea Archives | Asia Maritime Transparency InitiativeのCounter Coersionシリーズでは,セカンドトーマス礁やスカボロー礁の状況が整理されており,参考になります。

amti.csis.org

amti.csis.org

CSISは中国の武力行使に至らない実力行使に関して事例研究をしており先の5月に報告書を出しています。2009年のインペッカブル号事件,2010年の尖閣諸島での衝突事件,2013年のADIZ設定なども例に挙げられています。

 

 

 

対馬・沖ノ島の周辺、中国公船が領海侵入

先日世界遺産に登録が決まった沖ノ島周辺の領海に中国公船が侵入したとの由。

digital.asahi.com

記事によれば,海保は領海に止まらなかったことから無害通航に当たらないと説明しているそうです。記事が不正確なのかもしれませんが,止まらなくても無害ではない場合はあるので,この点は要フォローです。

尖閣諸島周辺についてはこんな動きがありました。

18回目の侵入:7月10日:

www.jiji.com

17回目の侵入:6月26日:

www.jiji.com

16回目の侵入:6月24日:

www.jiji.com

15回目の侵入:6月5日:

www.jiji.com

14回目の侵入:5月23日:

www.jiji.com

13回目の侵入:5月18日:ドローン付き。

www.asahi.com

関連して,「領海侵犯」は法的には不正確な表現ということについては,この本の関連部分をご覧ください。

国際法で世界がわかる――ニュースを読み解く32講

国際法で世界がわかる――ニュースを読み解く32講

 

 

 

プロ人材 移籍制限歯止め 公取委、独禁法で保護

www.nikkei.com

労働法分野での独禁法の適用についてです。DOJとFTCの指針はこちら

米政権、北朝鮮巡り中国企業に新たな制裁準備

アメリカが北朝鮮と取引を続けている中国企業に新たな制裁を科す準備をしているという記事。

jp.reuters.com

経済制裁の抜け穴があるという点に関しては少し前の記事ですが:

www.nytimes.com

www.buzzfeed.com

2016年9月から制裁強化が続けられています。

www.reuters.com

武器保有の船舶追尾で北朝鮮に厳重抗議

日本の排他的経済水域EEZ)内で水産庁の漁業取り締まり船が小銃のような武器を保有した船籍不明の船舶に追尾されていたとの報道。場所は今年4月5日の北朝鮮によるミサイル落下地点の付近でもある大和堆。事実関係の詳細は要フォローです。

www3.nhk.or.jp

www.nikkei.com

最近の(といっても半年まですが)記事として,不審船対処の現場についてこちらがお勧め。

mainichi.jp

 『自衛隊のリアル』第2章も必読でしょう。

自衛隊のリアル

自衛隊のリアル

 

専門書ですが法的分析についてはこちらも。

海上保安法制―海洋法と国内法の交錯

海上保安法制―海洋法と国内法の交錯

 

 

 

 

核兵器禁止条約の採択

核兵器禁止条約が採択されました。国連決議はこちら。投票結果はこちら(元々反対する国は軒並み欠席している中で,オランダだけ反対票。シンガポールが危険。122カ国が賛成)。毎日新聞日本語の全訳が載っています。複雑な手続が必要であるはずの条約ですが,条文数20条。核兵器の廃絶義務を規定した4条は1つ1つの条項がやたら長くて19世紀の条約を思い起こさせます・・・。

個人的に興味深いと思った条文は:

Article 3 Safeguards

1. Each State Party to which Article 4, paragraph 1 or 2, does not apply shall, at a minimum, maintain its International Atomic Energy Agency safeguards obligations in force at the time of entry into force of this Treaty, without prejudice to any additional relevant instruments that it may adopt in the future.

2. Each State Party to which Article 4, paragraph 1 or 2, does not apply that has not yet done so shall conclude with the International Atomic Energy Agency and bring into force a comprehensive safeguards agreement (INFCIRC/153 (Corrected)). Negotiation of such agreement shall commence within 180 days from the entry into force of this Treaty for that State Party. The agreement shall enter into force no later than 18 months from the entry into force of this Treaty for that State Party. Each State Party shall thereafter maintain such obligations, without prejudice to any additional relevant instruments that it may adopt in the future.

Article 5
National implementation

1. Each State Party shall adopt the necessary measures to implement its obligations under this Treaty.

2. Each State Party shall take all appropriate legal, administrative and other measures, including the imposition of penal sanctions, to prevent and suppress any activity prohibited to a State Party under this Treaty undertaken by persons or on territory under its jurisdiction or control.